屋根工事こそ専門家に

屋根工事こそ専門家に

非常に残念なことですが、リフォーム業界にはいまだに悪徳業者と言われる人々が存在し、 「被害をこうむった」という話が後を絶ちません。
屋根の専門家として、雨漏りをさせないことを誇りとしてきた私たちにとっては非常に情けない事態ですが、少しでもこのような被害をなくすために、どのような点に留意するべきかお伝えしたいと思います。

絶妙のタイミングでやってくる訪問セールス

外部リフォームで最初に傷んでくる場所は屋根です。
直射日光にさらされ、雨や風を受け止めてくれているのですから、無理もありません。カラーベストやスレート屋根の場合は、新築時から約10年。瓦屋根の場合は約20年というのが、おおまかな点検の目安です。
ところが、そのようなタイミングですっと入り込んでくるのが、いわゆる訪問セールス。
すべてが悪徳業者というわけではありませんが、「今やらないと大変なことに」「今ならついでがあるのでお安くなります」などと、言葉たくみにもちかけ、ズサンな工事をした上、電話をしても連絡がつかないというケースが多いことも事実です。
そういった悪徳業者につかまらないようにするためには、絶対に急がないこと。あなたが急がないことによって、相手の業者が誠実か、そうでないかが見えてきます。
その理由をご説明する前に、まずは悪徳業者の手口にはどのようなものがあるのかを挙げてみましょう。

あの手この手を知っておこう

挨拶商法

「近所でリフォーム工事をやるので挨拶に廻っている途中だが、お宅の屋根の様子が良くないので声をかけさせてもらった」。近所で工事をするという言葉で安心させ、親切に声をかけたという形で入り込むという方法です。

点検商法

「無料で点検します。ちょっと見せていただけますか」。無料だし、とりあえず見せるだけならという心の隙をついて、家の中に入り込んでくるやり方です。

不安商法

「近くで屋根工事をしている職人だが、お宅の屋根が割れているのが見えた。このままでは雨漏りの危険がある」。びっくりさせて動揺を誘い、入り込むという方法です。

見本工事商法

「お宅は交差点の角にあり目立つので、当社の宣伝になります。宣伝費用として半額でリフォームさせていただきます」。そう言って工事を始め、工事の途中で「あれもこれもやらなければ、工事が進められない」。と、追加工事を勧められます。その結果、半額と言われた金額の3倍、4倍の工事金額になるという方法です。

アフター商法

「前にお宅の工事をしたのですが、アフターメンテナンスに来ました」。そう言って、屋根の上などに上がり、「すぐに工事をしないと、大変です」。と、工事を急がせ、考える余裕を与えずに、契約をさせられるという方法です。

急がずに、どんどん質問

上記のような手口の組み合わせで、営業マンたちは話を持ちかけてきます。 そういう時の一番の対処法が、いくら相手が契約を急かせてもこちらは逆に落ち着いて、「近所で工事をしているって、どこのお宅?」「会社はどこにあるの?」「施工事例を見せてちょうだい」など、どんどん質問すること。

きちんとした会社であれば 喜んで、きちんと答えるはず。悪徳業者かそうでないかを見分ける目安になります。それでも不安な場合は、お近くの専門店もしくは、地域(市役所など)の相談窓口に一度ご相談ください。

お気軽にご相談ください。お見積もりは無料です。

このページの先頭へ

施工事例のご紹介 弊社によせられるよくある質問 瓦リサイクルのご紹介 会社概要 工事職人常時募集中

現在募集はしておりません

そと・リフォショップ横浜青葉 チャレンジ25キャンペーン エコキャップ推進委員会